TOP MESSAGE■ 社長メッセージ

永年にわたるお客様からの信頼を、先の時代へと大切につないでいくためには、しばしば商売の原点に立ち返り、もう一度基本から学ぶ謙虚さを持ち続ける必要があります。経済が不安定ななかで企業が生き残っていくためには、近年の厳しい状況を、普通の状態として受け止め「いずれ豊かになる」という甘い考えを捨てることから始めなければいけません。

そんな状況下でも、なお一層の飛躍を勝ち取るための重要なポイントが五つあります。第一には知恵。知識を活用した知恵を使って行動し、人とは違ったものを見出すための知恵です。第二に行動とスピード。優秀な企業とは、迅速な決断と、その提案をすぐに実行する行動力を備えています。第三に集中力。一点に集中して専門化した企業は成長します。目標をしぼり込み、全員で一丸となって集中することが肝心になります。第四には感謝。常に感謝の気持ちを持ってすべての事に対応します。

そして最後に「こころのサービス」です。同じ食べ物でも工夫次第で、さらにおいしくすることができるからです。それが消費者を真に満足させることにつながり、商品の提供とともに感動を与えられるものと信じています。このような「こころのサービス」を追求し続けることが、名給の本分です。安全・安心・美味しさ等、満足に向けた最適提案を常に考え、名給は価値競争の時代に踏み出しています。


株式会社名給 代表取締役社長 青木 基博

HISTORY■ 歴史・沿革

1932年(昭和7年)に、初代社長である青木喜平が塩乾物の小売店として「青木商店」を開業。以来、いち早く学校給食・産業給食事業に参入し、80余年を経た今も尚、創業時の精神を継承し、あくなき挑戦を続けています。

COPYRIGHT ©︎ MEIKYU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.